2005年06月13日

答がないものなのでしょうね。

 最近、色々ニュースを見ていると何だかなぁって
思う事ばかり。
私から見たら話を聞こうとしたい人に対して一生懸命
なだめすかしている図にしか思えないような…。
 例えば歴史教科書とか小泉首相が靖国神社に参拝
して中国や韓国と揉めているじゃないですかぁ?
まぁ、立場や考え方が違うと同じ出来事でも正反対の意見が
出るって当たり前だし、受け入れられないものがあるのと同じ
ようなのかな?って。
私自身は、あまり理解力がある方じゃないけれどねぇ。
だから、どうってわけじゃないんですよ。
 教科書なんて書いている人によって、そして学んだ人に
よって色んな解釈があるんだと思うんですよ。
興味があれば、自分から色々学ぶものだと思いますし。
その中で色んな意見を見たり聞いたりや考察などをして
自分の個の考え方や答が自然と出てくる訳だと思いますし。
けれど一つに縛られちゃうとそれしか見えてないわけ。
それって、ある意味怖いじゃないですか?
こだわりは悪いことじゃないけれど、もっと客観視しないと。
結局、都合の悪いことは知られたくない。ただそれだけのような…
うん、決め付けは良くないからあんまり断定はできかねますが。

靖国はねぇ…。あそこに祀られているのは八百万の神々じゃなくて
戦争で不慮の死を遂げた方々(英霊)だから。
公式参拝を反対する人をみて、何でそこまでって。
毎回、まるでオウム返しのように言ってるなぁ。
多数の日本人は、お正月は神社仏閣に行きますしお盆に
は、時間が合えばお墓参りに行ったりします。
私も私の家族もそんな感じです。
ちなみに私も家族も特定の宗教に入信してません。

戦争についてなんだけれど昔、当時付き合っていた人と一緒に
知覧の特攻平和会館に行った時に見て回っているうちに切なくて
…泣いてしまいましたもの。
こんな事って繰り返しちゃいけないですよ。

理論的に書こうと思ったけれど、何だか感情的になっちゃったなぁ。


posted by まお at 12:18| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き(MEMO) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。